貧乏大学生の生態

これから大学生になる高校生や大学生にむけて、私が経験した学生時代の経験や後悔を交えながらキャンパスライフを謳歌するために必要な情報を提供します

キャッシュレス決済


みなさんはいつも店舗やネットで支払いを行うときどのような方法で行いますか?

一番多いのは現金で、ネットの場合は仕方なくクレジットカードという方が多いのではないでしょうか?

でも、今の時代に現金で支払うってめんどうくさくないですか?

僕は現金使うのがめんどうくさくなったので現金払いは止めました。そのため現金はほとんど持っていません。(もしもの為にスマホケースに野口さんをしのばせていますが…)

現金を使用するデメリットはこちら

  1. 時間が消費される
    決済の時、小銭を出してお釣りをもらってという動作に時間がかかるというのはもちろんですが、このことよりも時間がかかるのはATMでお金を引き出すことではないですか?なぜかATMには長蛇の列ができています。自分のお金を引き出すために並ぶってばかばかしくないですか?僕はその時間がもったいないし、行くのもめんどくさくなったので現金は持たなくなりました。

  2. 損をする
    時間の次に大事なお金も余分にかかります。決済時にクレジットカードを使えば1%程度のポイントや還元がもらえるはずです。つまり、100万円使えば1万円くれるのに受け取っていないのに等しいです。しかも、決済は現金より早く終わるのにですよ。もったいないと思いませんか?
    しかも、ATM使用手数料が取られる時間に現金がなかったらどうしますか?引き出すためには100円ほどお金がかかります。これももったいないです。

  3. 資産の管理が手間
    現金はの方には使いすぎちゃうからカードはイヤという方がいます。確かに、その場で使ったという感覚は現金の方があります。でも、現金は使用してもレシート以外のデータが残りません。ということはこのレシートの内容を毎回家計簿に書き込み計算しないと全体で何に使ったのかがわかりません。これは木を見て森を見ずです。持っている資産全体を見て初めて無駄遣いしてるかしてないか判断できるのです。すべてクレジットカードや電子マネーで決済すれば自動でマネーフォワードなどの家計簿アプリにつけてくれますので資産管理が簡単です。これは家計簿をつけるのをあきらめてしまった方には一番のメリットだと思います。

このように現金を使うにはたくさんのデメリットがあります。
キャッスレスで支払いを終わらせばこのデメリットがなくなります。

しかし、キャッシュレスにもデメリットがあります。
現金に比べ仕組みが複雑で使用できる場所が限られています(現金が使えない店舗も出てきましたが、まだほとんどないです。)
そのため、キャッシュレスには知識が必要ですが、これからはどんどんキャッシュレスが進むので勉強していきましょう。