貧乏大学生の生態

これから大学生になる高校生や大学生にむけて、私が経験した学生時代の経験や後悔を交えながらキャンパスライフを謳歌するために必要な情報を提供します

電子マネーの種類


みなさん、電子マネーと聞くと何を思い浮かべますか?

電子マネーにはたくさんの種類があります
簡単にあげるだけで

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • Suica
  • WAON
  • QUICPay
  • au WALLET
  • iD

などなどと、こんなにたくさんあります。

すべての電子マネーを把握することは困難ですが、これらを分類して使いこなすことが必要です。

これから簡単に電子マネーを分類していこうと思います。

まず、大きく2つに分けます。

  1. プリペイド(前払い方式)
    このタイプの電子マネーはあらかじめ現金やクレジットカード、銀行口座からチャージする必要があります。
    しかし、決済の際はチャージ残高から引かれるため、それ以上の金額の買い物をすることはできません。そのため、使いすぎるという事態は避けやすいです。

    プリペイドタイプの電子マネーはたくさん存在します。
    代表的なものは以下になります。
     Suica(交通系)
     楽天Edy
     nanaco(セブン・ヨーカドー)
     WAON(イオン系列)

    このように各企業から電子マネーが提供されているため、これらの利点をよく理解して、使い分ける必要があります。
    しかも、すべてを使用するのは無駄ができてしまいます。なぜなら、これらはあらかじめチャージする必要があるため、資産が分散してしまいます。
    そのため、多少の損が発生するかもしれませんが、これらを切り捨てるという選択も有効です。

    とにかく、自分の生活に合わせてどの電子マネーを使用するのかを決める必要があります。
    そして、使用すると決めた電子マネーを使い分ける必要があります。

  2. ポストペイ(後払い方式)
    このタイプの電子マネーはクレジットカードのように後から請求が来るタイプです。
    プリペイドのようにチャージする必要がないため手間がなくて使いやすいです。しかも、クレジットカードとは違い暗証番号の入力やサインは必要がありません。
    おそらく、一番スマートな決済方法だと思います。
    しかし、一時的にお金を借りているということなので使いすぎには注意しましょう。

    このタイプは主に2つがあげられます。
     QUICPay
     iD
    です。
    決済の仕方に大きな違いがありませんが、発行できるカードと使用できる店舗に違いがります。
    自分の生活に合わせて使い分けましょう。

このように電子マネーには多くの種類があります。
今後も、これらの詳細について書いていこうと思います。