貧乏大学生の生態

これから大学生になる高校生や大学生にむけて、私が経験した学生時代の経験や後悔を交えながらキャンパスライフを謳歌するために必要な情報を提供します

一流は孤独を愛す!しかし、私の場合はコミュニケーションの欠如


昨日入社式が行われ、今日は出勤2日目です。新入社員はまず新人研修を受けるので、新入社員全員が1ヶ所に集結します。すると、最寄り駅から会社の施設まで大名ぎょうれるつができます。2日目になると、他の人たちが仲間を作り出し、グループが完成します。私はひとりぼっちです…

ここで、「一流は孤独を愛す」という名言が思い浮かびました。この言葉を基に独りぼっちを肯定しようと思います。

孤独を貫けば自由時間が増える

孤独の一番すばらしいことは自由な時間ができるということでしょう!!具体例を見ていきましょう!!

通勤に要する時間が短くなる

団体行動をするとなれば、日程調整、待ち合わせ、歩行速度を合わせるなど、制約がたくさん生じるため、自由な時間がどんどんと失われていきます。

私の場合は、同じ時間に退社してもグループで行動する同期よりも速い電車に乗ることができます。これは1人で歩く方が速いというわけではなく、待ち合わせをせずに退社できることが大きいと思います。

電車の中でもある程度自由がきく

電車の中でも比較的自由です。本を読むことができるし、ツイートすることができます。しかし、団体で行動しているときに、読書やスマホいじりをしていると申しわかない気持ちになってしまいます。

また、座席が1席空いていても自分だけ座るわけにはいきません。しかし、1人ならすぐに座ることができますよ!!

本当は話しかけることができない

孤独は自由な時間があると公言しましたが、本当は話しかける勇気がないのです…

話しかける勇気とネタはどうしたら手に入るのでしょうか?わからないことがあればすぐに聞けるけどそれが解決したら話が終わってしまいます。

どうしたらみんなと仲良くなれるのでしょうか??泣

一流は孤独を愛し、二流は群れを愛し、三流は群れることもできない

最初の方では孤独は一流だと言っていましたが、本当は群れることもできない3粒だったと言うことですね…(笑)